make-up-appli

メイクをするアプリ「MakeupPlus」の使い方

メイクアップアプリをご存知ですか?今日は、写真にメイクをするアプリ「MakeupPlus」の使い方を説明していきます。とっても簡単にかわいいメイク写真が撮れるので、すっぴんでも気にしなくて大丈夫ですよ。顔認識機能がかなり優秀で、普通に顔がはっきりと写っている写真ならばっちり自然に、一瞬でお化粧ができます。こんな感じ。すっぴんにウィッグを被っただけの男をここまで女性っぽく加工できますか?メイクアップアプリはすごい!!最新の技術で今や。すっぴんで取った写真もメイクができちゃいますからね。また、最新の技術と言えば、今やカジノでさえ、オンラインでプレイできます。オンラインカジノもすごいですよ!こちらは前に紹介した自撮りおすすめアプリ「BeautyPlus」を出しているmeituという会社のアプリ。人の写真を美しくするのが得意な会社ですね。スマホの販売などもしている大きな会社なので安全面でも安心して使えます。 個人的にかなり使えると思う機能はヘアカラー。ヘアカラーを選択して好きな色を選んで濃さをバーで調整すれば、自分に似合う髪の色を簡単に探せます!ちなみにメイクテーマはめちゃめちゃたくさんあって、一般的なメイクからざわちんや、韓国のメイクアップアーティスト、PONYなどの有名人のメイクをイメージしたものもあります。また、ゾンビメイクなどの普通とは違うメイクもあるので、色々な用途で使えそうです。ハロウィンのときだけSNSのアカウント写真をゾンビにもできますよ。以上、写真にメイクをするアプリ「メイクアッププラス」の使い方でした。とても楽しめるアプリなので、皆さんもぜひ画像編集で写真にお化粧してみて下さいね。今やカジノでさえ、オンラインでプレイできると言いましたが、オンラインでできるのは、もうショッピングだけではないのですね。 まずはメイクアッププラスをインストール まずは「MakeupPlus」をインストールして下さい。iOSでもAndroidでも使えますので、App Store、またはGoogle Playでインストールしましょう! インストール後、起動したら簡単な質問(男性ですか、女性ですか?とか)が表示されるので、それに答えるとメイン画面に移ります。 メイン画面の説明 ①ライブメイク こちらは自撮りモードで写真を撮ることができます。リアルタイムでメイクされた顔が液晶に表示されるので、撮りやすいです。メイク機能だけではなく、美肌機能や目を大きくする機能もあるので、これだけで完結することもできますが、「BeautyPlus」でナチュラルに盛った写真をメークアップでメイクするのがオススメです。そのため私はあまりライブメイクを使うことはありません。必要な機能は揃っていると思いますが、自撮りを可愛くするアプリではないので、より可愛い写真にしたい場合は自撮りに特化したアプリで撮って、メークアップでメイクをした方が良いかと思います。 ②メークアップ こちらは写真の編集モードで、ライブメイクで撮った写真はもちろん、スマホに入っている写真は全て編集することができます。 この2つがメインメニューになります。 ライブメイクのメニューの説明 ①メイン画面に戻る ②写真サイズを1:1、4:3、全画面から選べます。 ③肌補正、小顔補正、目を大きくする、をそれぞれオン、オフできます。 ④タイマー設定、フラッシュ設定、タッチシャッター設定、カメラ設定を行えます。 ⑤インカメラ、フロントカメラの切り替え ⑥端末の写真を確認できます。 ⑦メイクテーマのカテゴリーを移動します。 ⑧シャッターボタン ⑨動画撮影への切り替え ⑩メイクテーマの表示、非表示   メークアップのメニューの説明と使い方 メイン画面からメークアップをタップすると、スマホ内の写真が並んでいるので、メイク編集したい写真を選んでタップして下さい。すると下の画面に移ります。写真はウィッグを被ったかおるの写真を「BeautyPlus」で加工したものです。(気持ち悪いとか言わないの) ①メイン画面に戻る ②写真を保存する ③メイクテーマのカテゴリーの選択 ④メイクテーマの選択 ⑤各お化粧や部位などを細かく調整 基本的には③、④で好みのメイクテーマを探していきます。適当にメイクテーマをタップすると写真がメイクされて、お化粧の濃さもバーで調整できます。 こちらはBellaというメイクテーマを選択して、お化粧の濃さを真ん中くらいに調整したもの。ナチュラルメイクな感じなのかな。    
make

メイクアップアーティストって何?

メイクアップアーティストの仕事内容 メイクアップアーティストとは、雑誌、テレビ、雑誌、映画などのメディア、ファッションショーやイベント、さらにはブライダルやサロンなどで、モデルやタレント、あるいは一般の人々に対してヘアメイクを行う人のことをいいます。日本では、基本的に「ヘアスタイリング」と「メイクアップ」の仕事は分業されておらず、メイクアップアーティストは両方の知識と技術を持っていることが求められます。主な活躍の場は、ヘアメイク専門のプロダクション、エステティックサロン、ブライダルサロン、化粧品メーカーなどです。実力をつけた人の中にはフリーランスになり、特定の企業などに所属せず、自分で仕事を見つけてさまざまな案件をこなす人もいます。 フリーランスで働く人の場合、案件ごとに依頼を受け、現場に出向いて仕事を行います。中にはテレビ局や番組制作会社、またはブランド、ファッションデザイナーと専属契約を結んでいる人や、化粧品を自分でプロデュースしたり、タレント活動も並行して行っている人もいます。この世界でフリーで活躍できるということは、多方面から絶大な信頼を受けているということを意味します。 プロダクションや企業で経験を積み、メイクアップアーティストとしての相当な知識と実力を身につけた人や、自分一人でも仕事を獲ってこれるほどの人脈と行動力がずば抜けているいるような人が、フリーとして生活できています。メイクアップアーティストの方達は、モデルや芸能人だけではなく、パチンコの広告に登場する人 などにもお化粧をしたりします。広告が存在する限り、全ての人にメイクアップアーティストは関わってきます。例えば今ヨーロッパではやっているカジノにいる美しいディーラーでさえ、メイクアップアーティストがお化粧をしています。オンラインカジノに登場するディーラーにもです。ちなみぬオンラインカジノとは、インターネット環境さえあれば、インターネットを使ってカジノのゲームができるウェブサイトのことです。 また、フリーとしてさらに実績を積むと、自分の事務所やサロン経営にまで着手したり、専属サロンや企業等に所属する場合、化粧品メーカーであれば自社商品をアピールするために、企業広告やパンフレットに出演するモデルのヘアメイクを担当します。中には、メイクの知識を生かして新商品の開発に携わる人もいます。 ブライダルサロンで活躍する人の場合は、ヘアメイクだけでなくドレスの着付けなど、花嫁のお世話係のようなことまで任されるケースがあります。メイクアップアーティストの仕事内容は、勤務先などによって少しずつ異なります。ヘアメイク専門のプロダクションに所属している人の場合、CM、テレビ、広告などメディアの仕事が多いようです。プロダクションが仕事の依頼を受けると、所属するメイクアップアーティストは現場に出勤し、タレントやモデルにヘアメイクを行います。どのような場合でも、まずはクライアントの意向を聞き、求められるヘアメイクをきちんとカタチにできるだけのスキルが求められます。
images-65

独学でプロになるには

メイクアップアーティストとして仕事を得る為にはまず、コスメの知識があることと、細かいところまで見られる眼、色彩センスなどが必要になる。 美容学校へ行かずにプロのメイクアップアーティストになりたいのであれば、流行を知るために常にアンテナを広げておくこと。 服やメイクのトレンドは季節ごとにどんどんと変わっていく。その変化にも柔軟に対応できるように準備をしておく必要がある。 流行りだけではなく、基本的なメイクテクニックや製品についても知識をつけておかなければならない。 独自のセンスで道を切り拓くには、いつでも魅力的な自分で居られるようにセルフプロデュース力も問われる。 パートタイムの見習いからでも業界に入って、腕を磨き、積極的に信頼関係を築き、成長のチャンスをつかみ取らなければならない。
make-up_artist3

美容学校からプロへ

プロのメイクアップアーティストとして確実に職を求めるには、美容学校などで教育を受けることが非常に有効である。 最近では世界中に美容専門の学校が増え、教える内容もメイク、ヘア、ネイルなど多岐にわたる。 美容学校では実技を交えた授業でプロのテクニックを学ぶことが出来る。 科学的なデータに基づいた皮膚や髪の理論は常に最新のカリキュラムで学ぶ必要があるため、美容学校はこれらの情報収集にも大きな役割を担ってくれる。 また、最新の技術を用いた製品やメイクツールに触れ、独学では中々得難い知識や経験を手にすることが出来る。 また、同じ夢をもつ仲間と共に学ぶことで、就職後のチームワーク力構築にも役に立つ。 多くの場合、美容学校は直接美容業界に強いコネクションを持っているため、就職にも圧倒的に有利だ。
cosmetics-1063134_960_720

主要ブランド

メイクを語るうえで外すことのできない大手3社は以下の通り。 ランコム 60年以上の歴史があり、世界で最も最先端のコスメラボを持ち、絶えず肌のメカニズムを研究している。ハイテクノロジーかつダメージレスな製法、それにパリのエレガンスを加えた魅惑的なコスメはこのランコムの研究所で開発され続けている。 エスティローダー エスティローダーはそれまでの香水界に革命をもたらし、その革新的な品質で一気にトップブランドまで上り詰めた。 現在では100か国以上の人々から、期待を裏切らないコスメとして信頼を得ている。 マックスファクター メイクアップアーティストのためのメイクブランドとして知られている。 化粧品だけではなく、多くのメイクテクニックも開発。 マックスファクターの美しくなるための理論に基づいたメイクアップ方法は 世界中の女性がこぞって見習っている。
makeup-395044_960_720

自己アピールの重要性

メイクアップアーティストとして生き抜くためには自分を売り込む力が必要不可欠である。 明るい雰囲気を作ってたくさんの人達と交流する事が重要だ。 その為に出来ることは無限にあるが代表的な例は以下の通りだ。 無料のメイクレッスンを開催し、たくさんの人を集める事。 雑誌や新聞にコラムを提供するし、記事を読んでもらう事。 美容業界のイベントに参加し、その業界の人たちに積極的に話しかける事。 これらの場面において評価を得られれば、人々はあなたを求めて更なるビジネスチャンスを与えてくれる。 忘れてはいけないのが、いかなる状況においても、魅力的でいること。 メイクやファッションはもちろんのこと、電話応対や名刺のセンスなど、細かなところで評価される仕事だという事を常に念頭において行動しなければならない。
3981095593_dd6d914b76_b

特殊メイクの知識

メイクは単にアイシャドウや口紅だけで作るものではない。 特に映画などではそのコンセプトに合ったメイクをしなけらばならない。 例えば、ホラー映画ではゾンビに見せるようにカツラのオーダーをするところから仕事が始まる。 肌を腐食して見せるために特殊なシリコンを用いたり、流血しているように見せるためには絵の具の様なカラー剤を用いる。 これらの特殊メイクは予算の設定やメーカーへの発注から任せられる事が多い。 専門的な知識を要する上に、多数のメイクアップアーティスト達と共に取り組むため、協調性やチームワークも求められる。1人の役者に対して何時間もかけてメイクを施し、撮影中にメイクが崩れればすぐさま元通りに戻さなければならない。 撮影が終わればメイクを落とし、肌のメンテナンスをするまで仕事は終わらない。
makeup-487063_960_720

働くスタイル

メイクアップアーティストとしての生活は働き方によって様々だが、テレビや雑誌向けの撮影の場合は大抵朝4時頃から仕事が始まる。 モデルたちそれぞれに似合ったメイクを施すのだが、この時はファッションコーディネーター、ヘアスタイリストなど他の部門のプロ達と共に総合的なバランスを見ながらメイクを仕上げなければならない。 多くの場合、撮影は1日に10~12時間ほど続く。 また、メイクを施すだけでなく、撮影中の手直しや撮影終了後のメイク落とし、肌のメンテナンスまでを行うため、撮影時間中もずっと休むことは出来ない。 さらにこのような場面でメイクアップアーティストとして求められるのは、メイクテクニックだけではない。 厳しい撮影環境であっても笑顔を絶やさずポジティブに振舞い、モデルや役者たちの気分を盛り上げるのも大きな仕事の1つだ。
800px-hollywood_sign_354080327

メイクの歴史

ハリウッドにおけるメイクの歴史については、1930年代まで時代を遡る。 それまでのハリウッドでは、メイクは重要視されておらず、メイクアップアーティストという職業も存在しなかった。役者たちは自らの手でメイクを施していた。 しかし、無声映画時代の終焉と共に、メイクの重要性が認識され始めたのだ。 現代メイクの父と呼ばれるウエストモア氏が、アイラインや口紅の塗り方など 現代にも伝わるメイクアップ方法を確立させた。 1930年~50年代にかけてハリウッドで製作された映画の多くに、彼の名前がメイクアアップアーティストとして登場する。 また、他のメイクアップアーティストによって特殊メイク技術が生み出され、フランケンシュタインシリーズでその成果を大いに発揮した。 これらの偉業により、ハリウッドでは今日までメイクアップアーティストが大変重要視されている。
sales_of_proton_passenger_vehicles_in_malaysia_1985_-_2013_01

どこを職場にするか

個人販売 会社や商店には属さず、自らの手で商品を販売する。 独自で販売ルートを切り拓き、顧客のニーズに合わせた商品やメイクアップ方法のアドバイスを提供するなどし、深く顧客と繋がることで口コミを得てマーケットを広げていく。 映画や演劇場で アカデミー賞にメイクアップ賞があるほど、映画や演劇界ではメイクが重要視される。 役者を美しく見せるだけでなく、病気に見せたり、年老いて見せたりとプロとしてのテクニックを問われる。 その仕上がりが映画や舞台全体の品質に大きな影響を及ぼす。 百貨店で 1つのブランドのブースでそのブランドの製品を紹介し、販売する。 製品についての知識が増え、原材料や製法まで深く学ぶことが出来る。 同じ売り場には他社ブランドのアーティスト達もいるため、刺激が多く、ライバルから学ぶ機会も多く得られる。