働くスタイル

メイクアップアーティストとしての生活は働き方によって様々だが、テレビや雑誌向けの撮影の場合は大抵朝4時頃から仕事が始まる。

モデルたちそれぞれに似合ったメイクを施すのだが、この時はファッションコーディネーター、ヘアスタイリストなど他の部門のプロ達と共に総合的なバランスを見ながらメイクを仕上げなければならない。makeup-487063_960_720

多くの場合、撮影は1日に10~12時間ほど続く。

また、メイクを施すだけでなく、撮影中の手直しや撮影終了後のメイク落とし、肌のメンテナンスまでを行うため、撮影時間中もずっと休むことは出来ない。

さらにこのような場面でメイクアップアーティストとして求められるのは、メイクテクニックだけではない。

厳しい撮影環境であっても笑顔を絶やさずポジティブに振舞い、モデルや役者たちの気分を盛り上げるのも大きな仕事の1つだ。

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *