800px-hollywood_sign_354080327

メイクの歴史

ハリウッドにおけるメイクの歴史については、1930年代まで時代を遡る。 それまでのハリウッドでは、メイクは重要視されておらず、メイクアップアーティストという職業も存在しなかった。役者たちは自らの手でメイクを施していた。 しかし、無声映画時代の終焉と共に、メイクの重要性が認識され始めたのだ。 現代メイクの父と呼ばれるウエストモア氏が、アイラインや口紅の塗り方など 現代にも伝わるメイクアップ方法を確立させた。 1930年~50年代にかけてハリウッドで製作された映画の多くに、彼の名前がメイクアアップアーティストとして登場する。 また、他のメイクアップアーティストによって特殊メイク技術が生み出され、フランケンシュタインシリーズでその成果を大いに発揮した。 これらの偉業により、ハリウッドでは今日までメイクアップアーティストが大変重要視されている。
sales_of_proton_passenger_vehicles_in_malaysia_1985_-_2013_01

どこを職場にするか

個人販売 会社や商店には属さず、自らの手で商品を販売する。 独自で販売ルートを切り拓き、顧客のニーズに合わせた商品やメイクアップ方法のアドバイスを提供するなどし、深く顧客と繋がることで口コミを得てマーケットを広げていく。 映画や演劇場で アカデミー賞にメイクアップ賞があるほど、映画や演劇界ではメイクが重要視される。 役者を美しく見せるだけでなく、病気に見せたり、年老いて見せたりとプロとしてのテクニックを問われる。 その仕上がりが映画や舞台全体の品質に大きな影響を及ぼす。 百貨店で 1つのブランドのブースでそのブランドの製品を紹介し、販売する。 製品についての知識が増え、原材料や製法まで深く学ぶことが出来る。 同じ売り場には他社ブランドのアーティスト達もいるため、刺激が多く、ライバルから学ぶ機会も多く得られる。